HOME > 行政書士って何する人?
福岡 大野城 相続・遺言の行政書士 井上順吾・鈴木こずえ共同事務所

行政書士って何をする人?

行政書士という名前は一度くらい聞いたことがあっても、実際何をする人なのか知らない方も多いでしょう。
なんとなく、書類を作る人、というイメージはあるでしょうか? 大きく言うとその通りです。

行政書士法にきちんと定められていますが噛み砕いていうと、
1、役所に提出する書類 
2、権利義務または事実証明に関する書類
1、2のうち、他の法律で禁止されているもの以外
(例えば裁判の訴状は弁護士さん、税金関係は税理士さん、登記関係は司法書士さんなど。)
を作成して報酬をいただくのが行政書士です。

1の役所に提出する書類とは、具体的には車庫証明、自動車名義変更、農地転用、飲食店の開業、会社設立、帰化、在留資格、建設業許可、不動産屋を始めたい(宅建業許可)、運送業を始めたい等々の時の書類。
2の権利義務または事実証明に関する書類というのが、遺言書、契約書、示談書、内容証明郵便、会計記帳、等々です。
こうしてみると、意外と日常生活に密着していると思いませんか?
こんなこともお願いできるのかな?料金は?かかる日数は?など、お気軽にお問い合わせフォームやお電話でご相談ください。